義父の玩具にされた少女時代の告白

アダルトグッズ
義父の玩具にされた少女時代の告白

母親の都合で家に出入りする男たち。
中には小学生の少女に性的な悪戯を繰り返す悪質な男も。

始まりは洗濯前の汚れた下着への悪戯。
パンティーのクロッチ部分に、まだ生臭い匂いがする液体が付着していた。

まだその頃には知識が無くそれが何なのか?だった。
男が泊まった日に限ってそのような事が続いた。

本日の性犯罪の被害者告白の紹介
義父の玩具にされた少女時代の告白
「私自身が変なのかもしれません」

私自身が変なのかもしれません

男を家に連れ込む母親。
小学6年、11歳の頃から続く、母親の彼氏達からの性的悪戯。

やがてその一人と再婚し、少女への性的悪戯は毎日のように続く事になる。

夜中に肌寒さと人の気配で目が覚めた。部屋の窓から差し込む街灯の明かりの中に、ぼんやりYの姿があった。
もう布団は捲られていて、パジャマのボタンを外していた。ブラジャーを着けずに下はTシャツだけ。私は目を閉じて寝たふりしていました。
ゆっくり捲り上げてるようでした。唇の感触が今でも思い出します。当時まだ中1で、乳房の膨らみもそんなにあるわけでもないのに、手で揉んだり、乳首を吸われている感触。多分Yの髭だと思う。ザラザラした感触があった。

続きは⇒ 私自身が変なのかもしれません

最初は下着への悪戯だったのが、だんだんとエスカレートし、寝てる時に脱がされ身体を触られ悪戯される。

やがて起きても構わずに悪戯を続けるようになり、そして幼い身体を無理やりに・・・

「私自身が変なのかもしれません」
そう考えるしか、耐える事は出来なかったのか?

投稿は日々更新されてます。

義父の玩具にされた少女時代の告白
興味ある方は↓
被害者の話掲示板 「私自身が変なのかもしれません」よりどうぞ・

義父から悪戯される少女の動画

成長していく娘、男の本当の狙いは母親で無く娘だったのか!

近親相姦ロリコン動画
大好きな母と結婚した義父は鬼畜な人でした

「義父さんの言うことを聞かないと母さんと離婚するぞ」という精神的な脅迫と共にそのカラダを求められ種付け性交される娘、玩具でクリと膣奥を徹底的に責められると腰を浮かせて、苦痛と押し寄せる快感に顔を歪め、固い義父の肉棒でこれでもか、というほど執拗なピストンで子宮が壊れんばかりの勢いで責められる。

大好きな母と結婚した義父は鬼畜な人でした
大好きな母と結婚した義父は鬼畜な人でした。

大人の都合で同じ家に住み始める男親、少女たちとの苦悩の生活が始まる。

母親の目が届かないところで、玩具にされる少女たちが居るという。

本日の性犯罪の被害者告白の紹介
義父の玩具にされた少女時代の告白
「私自身が変なのかもしれません」でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です